[プレイ感想]レンドフルール

ようやく全キャラの2種類のEDを見たので、感想をつづりたいと思います。
ネタバレ全開なので、プレイ前・プレイ中のかたはご注意を。
(結構ぼろくそ言ってるので、見ない方が良いかもです)

 

 

 

 

 

ざっくりあらすじ

女神と花人やら蝶が住む地に騎士を迎える話。
そして世界を救うというかどうする??みたいなお話。

 

 

レオン

プレイする前にツイッターでレオンからやってはいけない!!というのを見かけたのですが、それでも構わずレオンから特攻しました。
りんごを食べるヴィオレットに悶えるレオンがとんでもなく可愛かったです。
もっと俺様キャラかと思いきやわんこでしたね。
病まないわんこですが、レオンと幸せになるには二人以外に死んでね!っていう展開でした。
レオンルートのヴィオレットが最高に可愛い。

 

ギスラン

忠誠ENDが最高に好きです。
ツンツンデレって感じのギスランですが、ギスランのせいではないのですが狂っていく姿は痛ましかったです。
レオンルートのBADで突然ギスランに殺されるので、「え!?」ってなったのですが、ギスランルートやってすっきりしました。
ギスランルートのマダム・エンジュが好きです。

 

オルフェ

オルフェ√はひたすら胃が痛かったです。
オルフェは良い子なんですけどね!!神様か、そうかそうか・・・

 

ルイルイ

なぜかプレイ中、ルイのことをずっとルイルイって呼んでました。
んー・・・記憶をずっと持って転生を繰り返してる人。
ルイルイの感想というより裏波が浅葱ちゃんを好きな気持ちが描かれている場面が好きです。

 

ユベール

ユベールの服従ENDすきです!!
狂っていくヴィオレットが素敵。
でも、ユベールの愛情ENDは全然納得いかないです。
だって魂は一緒でも姉姫様って呼んでくれるユベールは言うなればヴィオレットみたいなもんでしょう?なのに、大人のユベールになって「あ、幸せ!!」ってなったのには全く納得いかない。
それはユベールが器としてヴィオレットを育てて、ミレーヌ様に明け渡せっていったのと同じだろ、と思いました。
せっかく勇気を振り絞って長年自分を通して誰かを見つめる姉姫様に想いを伝えたのに、伝えた瞬間その人になってしまうなんて生まれ変わったユベールが可哀想に感じました。
なんだったんだろうね?
ユベールルートのレオン大好きです。

 

総評

総プレイ時間:30時間~35時間(共通で4時間くらいでした)

シナリオが短い。ご都合主義じゃないですって公式で言う割には全然ご都合主義だったと思います。
ただ、スチルは本当に本当に綺麗で、素晴らしかったです。
何が悪いってシナリオが短いということに尽きる気がします。
そして、ヴィオレットは地上(ていうんでしょうか?)に行ったこともないからある国を犠牲にして、ある国を守る・・・ということに本当に心を痛めるのかが分からなかったです。そして、私はレーヌというのは女神の器だと勝手に思い込んでゲームをしていたので、実はヴィオレットが女神の器でしたー!!って言われても「え?そうじゃなかったの??」ってなったり。
FDは出たらほしいなとは思うけど、わざわざ出てほしいとは思いません。
役目というものに押し潰されそうというのもあんまり感じなかったし、騎士がどうあってもヴィオレットの騎士でいようとする絆もあまり見えませんでした。本当に惜しい作品というのが私の感想です。

良かったらポチっとお願いします!
  •  (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。